ゴミ拾い

大谷翔平は意識してグラウンドのゴミを拾っている。
2015年、チームの大先輩、稲葉篤紀(現侍ジャパン監督)が、ベンチ前のゴミを拾ったのを見て感動して、それを真似るようになったのだ。
彼自身はそれを「人が捨てた”運”を拾っている」と表現した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です